【悲報】グリー「モバイルゲームしか作れないようではこの先、生きのこれない」

GREE(グリー)は、グリー株式会社が運営するソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)。2004年2月にサービスをスタートした。 創業者の田中良和が個人的な趣味の一環として一人でGREEを開発し、サービスの提供を開始。その後、2004年12月に設立されたグリー株式会社によってGREE
48キロバイト (6,053 語) – 2018年2月6日 (火) 02:44

(出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)

1 名無しさん必死だな :2018/02/05(月) 09:00:48.44

家庭用ゲーム参入のグリー、「脱・モバイル特化」の理由とは
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180205-00000022-zdn_mkt-bus_all

「モバイル向けゲームにとどまらず、家庭用ゲームを作ることは昔からの夢だった。
任天堂の『ファミリーコンピュータ』に青春をささげ、中学校の卒業文集に『ソフトを作りたい』と書いたほど。
ハードは変わったが、その夢がようやくかなう」――グリーの田中良和社長は2月2日開いた決算会見でこう話した。

今後はソニーの「Play Station 4」対応タイトルのほか、他社IPを活用したタイトルの開発も検討中。
ゆくゆくは海外展開も視野に入れており、中国語圏・英語圏に販路を拡げる可能性もあるという。

 田中社長は家庭用ゲーム市場参入の狙いについて「グリーを総合力で勝てる会社にしたいと考えたため」と説明。

 同社はモバイル向けソーシャルゲームを中心に展開してきたが、田中社長は「モバイル向けゲームしか作れないようでは今後勝ち残れない。
家庭用ゲームに手を広げることで、さまざまなIPホルダーに(開発元として)選んでもらえる存在になっていきたい」と展望を話す。

 「ゲーム業界では、あるIPでモバイル向けゲームを出すと、同じIPの家庭用ゲームも売れるという現象がしばしば起きる。その逆もまたしかりだ。
今後はモバイルに特化せず両者を継続的に出すことで、全体の収益を総合的に伸ばしたい」(田中社長)

続きを読む

Source: ゲーム速報

関連記事

  1. お前らが「この人のゲームは絶対買う」と思ってるゲームクリエイターって居る?

  2. 【予想】switchでできるゲームを見てるとその内スマホでもゼルダ並みのゲームが出きる気がするw

  3. 【雑談】ファミ通レビューは悪意の塊な件

  4. 【雑談】GB『スーパーマリオランド』1800万本売れていたけどどれくらいのスタッフが製作に関わっていたかというと・・・。

  5. 【爆笑】switchにダクソコレクションきたああああああああ←嘘つくなよw

  6. 【疑問】正直言って『XBOXONE』って日本で売れていないのに何で撤退しねえの?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。